Mikeの投資ブログ

子育てパパが1億円を貯め、経済的自由を達成するまでをつづります

【衝撃】広瀬隆雄氏 ドルコスト平均法も、証券会社のマーケティング

一日一回バナークリックで応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

広瀬隆雄氏の『世界一わかりやすい米国株投資の技法』に関する続きです。

前回、広瀬氏独自の視点で書かれた部分について、記事にしました。

【衝撃】広瀬隆雄氏「長期に持てば必ず儲かるという保証はない」。証券会社のマーケティング - Mikeの投資ブログ

今回は、その本の中で他に気づきがあった点を記載します。

まずは、バリュー投資の方法です。例えば、以下の指摘はハッとさせられます。

「買値にシビアでないくせに、バリュー投資かを自称する人は、もぐりである」

「皆が売っているときに、皆が嫌う会社を買うのだから、バリュー投資家は強い信念がなければいけない」

つまり、安く買うということは、相場のセンチメントが良くない時に買い出動することを意味します。それは、すぐに利益が乗らないし、また周りが売り出動しているときに買い向かうということです。バリュー投資を自称しつつ、みんなが良いという銘柄、バフェット保有銘柄をとりあえず買っておけばサルでも稼げます、というお話も世の中にはあります。ただ、それでみんな必ずしも資産形成に成功するほど甘くないということです。本来のバリュー投資は、それだけシビアな投資手法であることをリマインドしているのだと解釈しました。

次に、ドルコスト平均法もちゃんと定額でやらなければ、証券会社のマーケティングにのせられているだけといいます。「マーケット・タイミング」も、証券会社や投信会社の担当者が考え、「『マーケット・タイミングを征服するのはムリだ。だからタイミングを無視して、常に投資するように奨励しよう』という恐ろしい宣伝文句」だといいます。これは、ドルコスト平均法がダメと言ってるのではなく、この耳障りの言い言葉で投資家としての自主性を放棄させられ、無頓着になってはだめだといいます。そして、ソースは不明ですが、大半の投資家は定額購入せず、証券マンに勧められるがままに、臨時的にこっちのファンドからあっちのファンドに乗り換えるといったことをやっていると、広瀬氏は認識していました。今はネット証券が増え、対面による売り込みに対峙しないといけない場面は、以前より減っていると考えます。また、各ネット証券でも定額積立設定など簡単です。ですので、必ずしも上記主張は今は当てはまらないかもしれません。ただ、決めた銘柄を定期・定額購入しないとドルコスト平均法にならない点や、銘柄の乗り換えを自主性なく行うのはだめ、というのは改めて肝に銘じたいところです。今回は以上です。

昨日は、23人の方にクリックしていただきました!大変励みになります。ありがとうございます!よろしければ、本日も応援ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ご参考までに、投資関連の書評記事も書いています

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablo

【衝撃】広瀬隆雄氏「長期に持てば必ず儲かるという保証はない」。証券会社のマーケティング

一日一回バナークリックで応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

広瀬隆雄氏の『世界一わかりやすい米国株投資の技法』をご紹介します。

在米投資家で楽天証券など記事を寄稿されている広瀬隆雄氏の書籍です。広瀬氏が、米投資銀行での経験をベースにした役立つノウハウを紹介したものです。

Chapter1で基本的な投資ノウハウを説明しています。例えば個別株の投資先選定には、必ず以下の10カ条を守ることで、大失敗を防げるといいます。

-----

1.営業キャッシュフローのよい会社を買え

2.保有銘柄の四半期決算のチェックを怠るな

3.業績・株価の動きが荒々しい銘柄と、おとなしい銘柄をうまく使い分けろ

4.分散投資を心がけろ

5.投資スタイルをきちんと使い分けろ

6.長期投資と短期投資のルールを守れ

7.マクロ経済が分かれば、投資家としての洗練度が格段に上がる

8.市場のセンチメントを軽視する奴は儲けの効率が悪い

9.安全の糊代をもて

10.謙虚であれ(投資の勉強に終わりはない)

------

本書が親切なのは、実際にヤフーファイナンスの画面を紹介しながら、営業キャッシュフローの確認の仕方まで示しているところです。それだけ同指標が基礎的であり、初心者こそ見るべきと強く考えられていると思います。

また個人的に、他の方と違う視点で特筆すべきと感じるのは、「『長期に持てば必ず儲かる』という保証はない」と指摘している点です。また巷でよく聞く「株式市場は、長期で見れば右肩上がりだ。だからインデックスだけを買っておけばいい」という主張は都市伝説との見解です。その理由として、広瀬氏含めた団塊世代の証券マンが捏造したキャッチフレーズでしかないため、といいます。

その背景は、もともと日本の証券市場が玄人や筋金入りの株ファンたちで動かされる市場だったが、1980年代半ばに、それではだめで、一般大衆にも広げよう、となったためだといいます。ただ、一般大衆は、仕事で忙しいので、手間をかけずに確実に儲かる方法として売り出すという甘い文句で売り出すことで、投資が民主化できると考えたようです。端的には、マーケティングということです。

広瀬氏はその証拠として、バブル崩壊後の日経平均が20年間上昇していないことを挙げています。

個人的には、なぜここで米国株の20年間を挙げないのかはよくわかっていません。米国株であれば、例えば過去20年右肩上がりではあります。それを論拠に米国の大学教授らも、インデックス投資が安全(むしろアクティブ運用は、パッシブ・インデックスに勝てないというのが一般的な論調かと思います)といいます。

ただし、米株であれ日本株であれ、買い始めのタイミングと売却のタイミング次第では、マイナスになり得ます。例えば、S&P500は1928年最高値に達し、1929年の大暴落と大恐慌のあと、暴落前の水準に回復するまで24年かかっています。だから結局タイミングによる面は多分にあります。

それを踏まえ、また本書だけでなく広瀬氏の他の論考や発信内容を見ると、「『長期に持てば必ず儲かる』という保証はない」という言葉の真意は、盲目的になんでも長期でインデックス持っておけばOK」という考えはだめだ、と解釈しました。というのも、広瀬氏は基本的にVTIの定期積立を勧めています。それは、インデックスへの長期投資に他なりません。ただしタイミングのリスクを分散させるために、定期積立を勧めているととれるからです。しかし投資対象を誤ること、例えば日本株などよろしくない投資対象に盲目的にインデックス投資すれば必ず儲かる、という甘い考えを捨てよ、といっているのだと考えられます。そう解釈すれば、主張自体は間違っていないと思います。

そのほか記載したい点はありますが、長くなりますので次回とします。

今回は以上です!

昨日は、37人の方にクリックしていただきました!大変励みになります。ありがとうございます!よろしければ、本日も応援ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ご参考までに、投資関連の書評記事も書いています

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablo

テクノロジーといえばシリコンバレー。現役ベンチャーキャピタルが投資で気を付けること

一日一回バナークリックで応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

次にどんなテクノロジーが来るのか、といった情報は、常に触れてアップデートすべき内容と思います。今回は、山本康正氏『シリコンバレーのVCは何を見ているのか』を読みましたので、ご紹介します。

三菱UFJ銀行ニューヨークからハーバード大学院、グーグルを経てベンチャーキャピタリストとなった著者が、シリコンバレーの現状をアップデートしたのが本書です。

本書の目的は、本来ならば現地に2年に一回は足を運んで最先端にいる人から直接話を聞くべきだが、忙しく難しいビジネスリーダーむけに、知識をまとめてアップデートするというものです。著者は、AI、ブロックチェーンなどのテクノロジーから、日本文化に関するものなど様々なものに投資します。例えば、「こんまり」(近藤麻理恵さんの片付け本がミリオンセラーになったブーム)の米国進出支援もしたそうです。またアーリーステージ(設立後初期のスタートアップ)の企業への投資を主に手掛けているそうです*。ただ、個別領域については、著者よりも専門性が高い人がいるので、それよりは、シリコンバレーの最新状況をざっくりお届け、という内容になっています。

*一口100万円から1000万円ほどで、IPOなどエグジットまでいくと、100倍から1000倍になる可能性がある(100万円の投資が10億円になる可能性も)

かいつまんで内容とトーンをご紹介すると、

シリコンバレーの情報が正しく伝わっていない(自称シリコンバレー通でも大したことない人がいるので注意して!)

・情報正しく理解できていないのは、主に日本のメディアが悪い(現地のバズりが2年後日本ではやるレベル)。あと日本人のリテラシー(英語頑張れ)

イスラエルとかあるけど、やはりシリコンバレーが規模的に圧倒的さ

・今の注目は、サブスク、5G、自動運転、テスラ、ブロックチェーン、AI、信用スコア、人口肉でしょ

・VC(ベンチャーキャピタル)の投資判断基準は、数字(過去)だけでなく未来。だから人物と熱意が最終判断軸(過去のファクト重視のコンサルや投資アナリストはとは違いまっせ)

・では、日本企業がイノベーション頑張るためにシリコンバレー活用するにはどうするか?意思決定できる(or意思決定者と強いパイプのある)エースをシリコンバレーに送り込み、3年任期なんかではなく、長く滞在させなさい。そうしないと、シリコンバレーというインナーサークルではやっていけない

コマツ東京海上日動の取り組みをベンチマークせよ

・日本の将来考えると、答えありきの今の教育はだめ。数学と統計は必須でしょ

といった内容です。

正直、この手の書籍は多数あります。ただ、スタートアップ含む投資業務も行い、またシリコンバレーや欧州などでスタートアップ発掘の最前線にいる同僚を持つMikeとしては、毎度毎度手に取ってしまうジャンルです。特に、日本企業の意思決定遅くてシリコンバレー界隈では評判悪いとか、3年任期で帰るようではだめ、といった指摘は「はい、また来ました~」と思います(ごもっともな指摘として受け入れているという意味)。著者自身は、現地にネットワークを有し、また国内外の企業とのお付き合いでものすごい価値を出していると思います(また人を年齢云々で評価するべきではありませんが、Mikeより5歳年上でこのバランス感とれた書籍を出すという点においては、とても尊敬しています)。

しかし、欲を言えば、では結局どうしたらいいの?が弱いとの感想を持ちました。例えば、コマツの例を紹介するところで、以下のような記載があります。

------

技術の目利き力を持った担当者がシリコンバレーで複数のベンチャーキャピタルに出資をし、人脈を築き、そこで収集した精度の高い情報をスピーディーに日本本社の経営陣と共有し、その採否を経営トップが即断したことがこの成功をもたらしました

------

まさに、技術の目利きを持ち、経営陣をすぐ動かせるエースを現地に送り込んだからできたのでしょう。だから、Mikeの会社でもエース送り込めばいいのだと思います。でも、技術の目利きと一言で言っても、比較的狭い技術領域でビジネスを展開する企業はいいですが、そうでない場合は、一人の専門性がカバーできる範囲は限られます。また、社内の技術開発トレンドもどんどん変わる中で、シリコンバレーの赴任者が常にそのアップデートを受け、時には既存開発の延長線上、または飛び地を適切に提案できればいいですが、とくに後者を的確に提案し、実際にスタートアップとの協業やM&Aにつなげるのはかなり至難の業です。一定規模の予算を決めて、「毎年××億円までは失敗含めてやってOK」と決めるなどあるでしょうが、課題は数を打てる予算規模ではなく、技術シナジー仮説の質にあると考えるからです。技術シナジー仮説の質が高ければ、予算はつきやすいし、スピーディーに関係者を説得でき、実証実験やビジネス化が早いと考えられます。

だから、最大の難点が、赴任者の「技術シナジー仮説の質向上」だと考えるのです。この辺りは、スタートアップハンティングをミッションとする方々にとっては、共通の悩みかと思います。次著なのか、別の発信ソースなのか、この辺りに対するアドバイスがあるのか、今後探してみようと思います

Mikeの悩み含めて書きましたが、本書自体は総じてイノベーションの中心地である「シリコンバレーの状況アップデート」という意味では目的を果たしているのでおすすめだと思います。

今回は以上です!

昨日は、43人の方にクリックしていただきました!大変励みになります。ありがとうございます!よろしければ、本日も応援ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ご参考までに、投資関連の書評記事も書いています

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablo

【悲報】バンカメ「一年以内に株価20%下落」その後、ついに弱気相場入りか?

一日一回バナークリックで応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

新たな変異株で市場荒れてます。一方、それとは関係ない文脈で、米金融大手のバンクオブアメリカ(バンカメ)が、各市場指標が歴史的高水準であり、「一年以内に株価20%下落」する可能性あると指摘してます(Business Insider)。

指標は以下を挙げています(2SDは標準偏差、つまりバラツキ)

------

シラー株価収益率(PER):3SD

株価純資産倍率(PBR):2.3SD

事業価値(EV)/利払い前・税引き前・減価償却前利益(EBITDA)倍率:2.2SD

株価キャッシュフロー倍率(PCFR):2.6SD

事業価値(EV)/売上高倍率:2.5SD

S&P500時価総額の対名目国内総生産GDP)比:3.4SD

------

また、S&P500社の長期成長率予想と、その後12か月の実際のリターンの相関関係も挙げています。どうやら過去のリーマンショック(下図黄色のGFC)、ドットコムバブル(黄色のTech Bubble)は長期成長率の期待がものすごく大きすぎて、その場合、結局その後の一年間の成長率(縦軸)はマイナスだそうです。Todayが右下にありますが、今もそれに当てはまるといっているようです

f:id:Mike2020:20211127045234p:plain

Business Insider記事より

 

 

この相関分析を通じて、バンカメがはじいたところでは、今後の12か月で株価が20%下落すると予想しています。この20%がどのくらいかというと、コロナショックよりマイルドなくらいです(コロナショックは33.9%)。

しかし、より懸念されるのは、一時的なショックよりも、その後の弱気相場です。みずほ証券による過去のS&P500の弱気相場入りの傾向を見ると、「直近高値からの下落率が20%以上になると、『弱気相場』入りしたとみなされる」(グラフの赤字)としています(「波乱相場を生き抜く7つの知恵」より)。

f:id:Mike2020:20211127050816p:plain

みずほ証券資料より

しかし、これを読んで???となる方もいらっしゃると思います。なぜなら、コロナショックは33.9%下落で20%以上でありながら、その後強気相場となったからです。ただ、コロナショック以外では、確かに過去のケネディ・スライド(大幅高の反動など)、1960年代後半の金利急伸、ITバブル崩壊などでは、下落後に数年感の弱気相場に入ってます(みずほの記事は2020年で4/21コロナショック後株価回復序盤)。ですので、実際そういう傾向もあるのでしょう。

ただいずれにせよ、証券会社(=株を買って手数料を稼ぐことを生業としている人たち)ですので、この資料上では今後も回復することを匂わせており、また長期投資に弱気相場はつきものだよ、というトーンです(下記のように、明言はしてませんが)。

f:id:Mike2020:20211127051946p:plain

みずほ証券資料より

そして、弱気相場からの回復は平均45か月とのデータを出してきています。つまり数年かかってやっと戻ることが多いということです。先ほどのバンカメの分析は悲観的な見方をしており、今後10年でリターンがマイナス0.5%になるとも予想しています。

f:id:Mike2020:20211127052311p:plain

みずほ証券資料より

この記事を読んで、「いろいろ言われてるけど、結局弱気相場来ないので、こういった声はスルー」もありですし、「弱気相場を見越して、S&P500・米国株以外、また株式以外の投資対象に仕込む」のもいいと思います。また、みずほ証券の資料にあるように、「弱気相場は長期投資の友達」ということで、長期での資産積み増しを期待し、インデックスの積立を継続するのは賢明だと思います(Mikeはそのスタンスで行くつもりです)。いずれにせよ、今回の記事も「こういったこというやついるよね~」くらいの軽い気持ちで流していただければと思います。

今回は以上です!

昨日は、26人の方にクリックしていただきました!大変励みになります。ありがとうございます!よろしければ、本日も応援ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ご参考までに、投資関連の書評記事も書いています

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablo

日本経済への処方箋とは【書評】

一日一回バナークリックで応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日本経済の長期停滞が叫ばれて久しいですが、元日銀の経済学者 翁邦雄氏が『金利と経済』で処方箋を書いています。かいつまんでご紹介します。

内容的には、過去の日本の金融・財政政策と、他国中央銀行家の論文等を振り返りながら、世界経済の長期停滞仮説や、日本経済における根本原因の特定と、そこに対する打ち手を述べています(2017年の著書であり、半導体不足、原油高、物流コスト高などによる昨今のインフレは考慮されていません)

そもそもの世の中のトレンドとして、

・自然利子率*よりも実質市場金利が低ければ、潜在GDPを超えた需要を創り出し景気を過熱させる→インフレが加速するはず

・しかし、先進国の実質市場金利低下の中でインフレが加速せず、むしろインフレ目標から遠ざかってきている→自然利子率は実質市場金利以上に急激なトレンドとして下落しているのではないか。

・それにより、世界経済の長期停滞仮説につながっているのではないか

*景気への影響が緩和的でもない、引き締め的でもない中立な実質利子率

また日本の構造として人口減少があります。人口減少は必ずしもデフレに作用するわけではありませんが、自然利子率を低下させる可能性は高いといえます。その点、ノーベル経済学賞を取ったポール・クルーグマンは、金融政策による期待への働きかけではインフレにならない、として日本への処方箋見直を提起しました。

著者も、自然利子率の趨勢的な低下を所与とする限り、成長率は右肩下がりであり、日本経済のジリ貧は全く改善しないといいます。そのため、本質的に必要な長期的処方箋は、マクロ経済政策ではなく、自然利子率を引き上げるための取り組みにあると述べます。

具体的には、アベノミクス三本の矢にあった希望出生率1.8の実現、介護離職ゼロなどは意味があると述べます。子どもを産みたいと自然に思える社会を作る政策が重要ということです。また、介護離職ゼロは、健康寿命を引き延ばすための政策や質の高い介護を少ない労働投入で実現することが必要となります。そのため、ロボットによる介護や、創薬、単身高齢者の生活を支える物流システムなど総合的な施策が必要といいます。そうした努力が、需要創出と同時に、自然利子率の向上に貢献するといいます。つまり、自然利子率をあげるために、人口問題と正面から向き合うことで、高齢化をイノベーションと需要増につなげ、成長の源泉に転換していくべき、との主張です。

昨今、選挙対策としての子育て支援策につきいろんな意見が出ています。選挙目的だと、どうしても選挙期間前後のみの対策となり、日本の人口構造に対する俯瞰的かつ長期的な視点での政策は優先度が下がります。現政権も、いろんなブレーンの方からインプットを受け、本当にやるべきと考える政策がいくつもあるかもしれません。しかし民主主義の仕組み上、まずは選挙に勝たなければ政策を実行ができませんからそうなっていくのでしょうね。。。そういった失望はさておき、日本経済の長期停滞と対策に関して理解を深めたい方にはおすすめの内容です。

今回は以上です!

昨日は、44人の方にクリックしていただきました!大変励みになります。ありがとうございます!よろしければ、本日も応援ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連情報

ご参考までに、投資関連の書評記事も書いています

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

mike2020.hatenablog.com

バフェットによるメルク全株売却などに対する見方

一日一回バナークリックで応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

7-9月期の当局届け出から、バークシャーがメルク株売却したというニュースがありました。あわせて、アッヴィやブリストルマイヤーズ・スクイブも持ち分を減らしました(Yahoo News)。どういう意味があるのか、それに対してどういう見方を世の中の人は持っているのかを書いていきます。

そもそもバフェットは、大型薬品株について専門性が高くないと認めています。過去の発言では、

「自分にはこの薬品セクターでの勝者・勝ち組を選ぶだけのスペシャリストとしての知識が無いので、どれか一つを選ぶことが出来ない。もし、大手薬品銘柄をまとめて市場の平均のPERより割安で買えるなら、即座にそれを実行する」(モトリーフール

そして20年12月、アッヴィ、ブリストルマイヤーズ、メルク、ファイザーをバスケット買いしました(ただし、投資規模からしてバフェットではなく、部下による投資との見方)。

しかし、今年4-6月期には、アッヴィ、ブリストルマイヤーズの持ち分を縮小(Bloomberg)。そして今回の更なる大型薬品株の持ち分縮小を進めました。

この動きについて、いろんな見方があります。例えば、

・バフェットはマーケットのすべての動きで賢人なわけではなさそう、少なくともメルクへの投資では。なぜなら、メルクのコロナ経口薬「モルヌピラビル」による株価上昇の恩恵を受ける前に売却してるため。また、その他大型薬品株での持ち分売却は、薬価改定の議論などが株価に向かい風だから(Fierce Pharma

・バフェットはメルクの経口薬に希望持ってないってこと。メルクの完全売却を見るに、アッヴィやブリストルマイヤーズも今後同じ動きになりそう(Yahoo News

・コロナ終わらせるメルクの「モルヌピラビル」の承認結果出る直前に売却とは、困惑してしまう。でも、Royalty Pharmaは新たに買ってるので、ヘルスケアから撤退したわけではない(BioSpace.com

バークシャーが2018以降S&P500をアンダーパフォームしている(直接的な理由と明言されてないが)(ロイター

などです。また、例えばSeeking Alphaのコメント欄を見ると、いろんな個人投資家の意見が見れますね(Seeking Alpha)。例えば、

・ウォーレン、どうしちゃったの?長期投資じゃなかったの?

・売却してくれるなら、買いのチャンスだね

バークシャーが次にどんな手を打つかなんてわからないさ。ユニリーバ買ったりするかもよ

・いや、そもそもポートフォリオの中では小さな調整でしかないから、深い意味を見出そうとするなんてバカバカしい

・バフェットもうだめだね。最近数年、一貫してS&P500に負けてる。平凡な投資家になってしまったのね

掲示板のコメント読んでるけど、お前らこそどうしたの?これらの株式はTed/Toddが買ったっぽい銘柄だよ?そこちゃんと見てる?

・バフェットって誰のこと?無視しろよ。だってシェブロン高値で買って、航空株や銀行株安値で売るんだぜ?これが本当にお前がメンターに期待してることか?最近バカな動きばっかりしてるんだよ。年取ると、ダメな意思決定してしまうってことはあるんだよ

ということで見方はそれぞれです(笑)。

Mikeは、メルク、アッヴィを保有していますが、バークシャー保有を理由に買い付けたわけではないので、バークシャーが売ろうが関係ありません。ただ売却するには理由があるわけで、その理由の一つとして考えられる薬価改定などの議論には注意を払いたいと思います。一方、もし今後の四半期で更なる売却があり株価が下がる(ファンダメンタルに変化ないのに)のであれば、追加買付のチャンスかもしれないと考えます。

今回は以上です!

昨日は、42人の方にクリックしていただきました!大変励みになります。ありがとうございます!よろしければ、本日も応援ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

10歳で大学出るまでのお小遣いをあげてみた結果。『いま君に伝えたいお金の話』【書評】

一日一回バナークリックで応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

村上ファンド事件*で世をにぎわせた村上氏の著書『いま君に伝えたいお金の話』をご紹介します。本書は、子どもを対象にしたお金の授業という位置づけです。

*2006年日本放送株でインサイダー取引をしていた疑いで逮捕

本書のメッセージは、端的に「稼いで貯めて、回して増やす」というお金との付き合い方です。投資家として今も活躍される村上氏は、社会を豊かにするためにはお金が流れていくことが重要として、「回る」ことの必要性も説明します。例えば、自分の幸せのためにお金を使ったり、増やすために投資するなどして、自分の手元からお金をいったん手放すことです。

村上氏自身は、物心つく頃から父親からお金についてオープンに教育されたようです。そして、10歳で大学を出るまでのお小遣いをまとめていっぺんにもらったようです。よく、小さな子どものお金のリテラシーを高めるために、お小遣いで学ばせるという話はあると思います。違いは、大学卒業までを一括、というところですね。村上氏は、その資金を基に、株式投資を開始しました。そうやって、投資を続け資産は大学卒業時には100倍くらいになっていたそうです。

また、お金を上手に使うためのコツも記されています。世の中のあらゆるものは、価格という形で、数字で表されています。そこに慣れ親しむことがまず大事といいます。それに対して、本当の価値や自分にとっての意味を見極めることが必要といいます。村上氏自身は算数が得意だったそうですが、小さなころから家族でやったボードゲームが役に立って、数字に対してなじみがあり、また価値を見極めることの重要性を理解できたと振り返っています。

本書ではこういった世の中におけるお金の位置づけやそれとの付き合い方に加え、村上氏が自身のミッションを見つける過程も描かれています。大まかには、父親の希望にこたえ通産省(現経産相)に入ります。その後、バブル崩壊で多くの会社が倒産したり、大金持ちが破産したり、家計を支える親が職を失ったりするのを目の当たりにします。そこで、日本を再び元気にしたい、各々が安心していろいろチャレンジできる世の中を取り戻したいと考え、投資家として働く道を選びました。

ちなみにあとがきでは、村上氏の投資スタイルが垣間見れます。投資ファンドの運営ではない、個人としての資産形成についての見解です。それは、「上がりはじめたら買え、下がり始めたら売れ」です(父の教えに基づいた行動のようです)。こうして順調に資産を増やし、かつバブル崩壊の痛手もさほど受けずに資産形成ができたといいます。要は順張りなんですね。

そのほか本書では、子どもに教える視点でのポイントも記載されていますので、ご関心ある方は手に取ってみてはいかがでしょうか

今回は以上です!

昨日は、42人の方にクリックしていただきました!大変励みになります。ありがとうございます!よろしければ、本日も応援ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

このエントリーをはてなブックマークに追加